ス ミ レ

prism05.exblog.jp
ブログトップ

2016年 04月 04日 ( 1 )

心臓

ICD(植込み型除細動器)→命に関わる不整脈を治療するための体内植え込み型装置。
不整脈が起こらないように治療するものではなく、常に心臓の脈を監視し、命に関わる不整脈の発作が出た場合にすみやかに反応して、電気ショックを発生させて、その不整脈を退治し発作による突然死を防いでくれる。装置一般的にICDと呼ばれる。ペースメーカーによく似ているものだか、使用目的と働きが違う。
ICDの寿命は作動状況によって異なるが、大体4~5年ぐらい。
電気の寿命がくれば交換が必要。


兄は、激しい運動等できないけど、ICDのおかげで、普通に生活できる。最近は、仕事に育児に頑張っている。

たまに心配になるけど、自分の事を心配しよう。

[PR]
by kirakira_05 | 2016-04-04 19:45